婚活で一番苦労するのが、”出会いです。

 

出会いが少ないということは、単純に自分の好みの相手に出会える確率が下がるので、必然的に婚期が遅れていく、また妥協婚をしなければならないようになります。

 

婚活をせずに結婚した方は、既婚者全体の約9割になるのですが、婚活を行わず、どこで結婚相手と出会ったのでしょうか?

 

夫と出会った場所 割合
職場 34.2%
学生時代からのつながり 22.3%
出会いを想定していない友人の紹介 6.4%
出会いを想定した友人の紹介 5.9%
SNS、インターネットを介した出会い 5.3%
合コン 4.8%
ナンパ 2.9%
出会い系サイト 2.9%
趣味などのサークル 2.7%
取引先の仕事関係 2.3%
習い事(スポーツ、語学など) 1.3%
結婚相談所 0.8%
出会い系パーティ 0.8%
お見合い 0.8%
ホームパーティ、ラウンジパーティ 0.6%
勉強会、異業種交流会 0.3%
バーベキューやお花見のイベント 0.3%
覚えていない 0.5%
その他 4.7%

※「婚活にまつわるデータ~本より詳しいオトコのホンネ&婚活の実態」より

 

上記をご覧にならばお分かりいただけると思いますが、【職場】【学生時代からのつながり】で56.5%を占めています。

 

つまり、【職場】【学生時代からのつながり】で結婚相手を見つけられなかった方は、大幅に結婚確率が下がってしまうということです。

 

もちろん、趣味を通じたり、友人からの紹介により結婚相手が見つかることは多々ありますが、基本的には、【職場】や【学生時代からのつながり】は大切にしておかなければなりません。

 

また、独り身の時間が長くなってしまうと、女子力・男子力が低下してしまい魅力が半減してしまいますので、結婚相談所の紹介を通じて、常に出会いのサイクルを生み出しておく必要があることをお忘れなく。

業界最大級

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

カテゴリー

最新の婚活情報はこちら▼

ページ上部へ戻る