男性が結婚相手に求めるものとは?『結婚生活』

結婚して一緒に生活するようになると基本的には日々の家事は女性仕事は男性という家庭が一般的です。

最近は、女性が働き、男性が家庭に入る”主夫”や育児をするお父さん”育メン”という言葉が出来たり、結婚生活事情一昔前に比べ大きく変わりましたが、大半は上記のような形になるように思います。

よく、女性が結婚前にする”花嫁修業”という言葉がありますが、実は男性は、女性なら誰でも当たり前にできると思っているものがいくつかあります。

 

そこで、今回は”男性が結婚相手に求めるもの”で花嫁修業が必要なものをご紹介したいと思います。

 

①裁縫

世間一般のイメージとして母親は、子供の衣類や寝具で破れた部分があればすぐに縫ってくれます。

そのため、男性はすべての女性が器用に裁縫が出来ると思っている方が多くいます。

結婚して、子供が生まれれば必ず裁縫をする機会が出てきますので、その際『私、裁縫ができないんだけど。。』と言ってしまうと、男性は驚くかもしれません。

反対に、ワイシャツのボタンが外れてしまったときにサッと縫ってくれる家庭的な一面を持つ女性に、男性は惹かれる傾向にあります。


 

②洗濯、アイロン

洗濯、アイロンどちらもそれなりにこなすのは難しいことではありません。

しかし、細かいことですが、どの素材がドライクリーニング、手洗い、古着、おしゃれ着はどうやって洗えばいいのかを知っているだけでも出来る女と認識されます。

また、中には色落ちした黒色の服を器用に染めれる子もいたりします。

とくに、毎朝パリッとしたワイシャツや綺麗なスーツを用意してもらえると仕事も頑張れます。

そのため、アイロンがけは出来る方が良いでしょう。


③料理

『母親が息子においしい料理を作り続けていると結婚しなくなる』なんていう話を聞いたことがありますが、男性は料理の上手な女性には目がありません。

逆に、好きな男性においしい手料理を振る舞えばあなたの好感度はきっと上がるでしょう。

私の周囲では、料理のできる男性が多いのですが、大半の男性は簡単なものしか作れません。

奥さんの料理は、男性の寿命を左右する』、『奥さんの料理がおいしいと感じる男性は、日々の仕事を頑張るため出世しやすい』ということもあるので、料理の腕を上げることは幸せな家庭を築く上で欠かせないと言えるでしょう。

 

④掃除
男の一人暮らしは汚くなりがちです。

結婚してから、あまりの汚さに驚く女性は少なくないはず。

男性は『女性は隅々まで綺麗に掃除できる』というイメージを持ちがちですので、結婚前に家全体の掃除の仕方やコツは学んでおく方が良いでしょう。

また、掃除はお互いがするものなので、結婚してから一つずつ掃除の仕方を教え手伝ってもらうようにすると女性の負担を減らすことができます。

 

いかがだったでしょうか?

花嫁修業”と言っても、日々の生活を送るために必要なことばかりですので、自然に出来るようになることばかりだと感じる方も多いはずです。

特に男性は、『自分の母親が出来ることは奥さんになる人も当然できるはず』先入観を持っていることが多いので、男性自身もいっしょに家事をこなしていく関係を作り、いかに家事が大変かを知ってもらうことが大切です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の婚活情報はこちら▼

ページ上部へ戻る