男性が結婚に消極的になる理由とは?

何年も付き合っているのに、彼氏がなかなか結婚を切り出してくれないと悩んでいる女性は多いはず。

同棲してしまうと、男性は結婚しなくても結婚の気分を味わってしまい、結婚意欲が低下してしまうと言われています。

では、上記の理由以外で結婚に消極的になる理由とは何でしょうか?

年齢 結婚に消極的な理由
25歳 経済的に無理。
27歳 結婚しても結婚後の生活に自信がない。
31歳 自分には夫にも親にもなりきれないと思うし、やり遂げたいことがある。そのやり遂げたいことを自分が結婚して家族を持つことで優先順位が変動するのが怖い。それにそのやり遂げたいことに結婚相手を巻き込めない。
32歳 結婚しなくても一緒に暮らせるし、責任が重くなるのがいや。
33歳 他人に干渉されるのが好きじゃないので、自分の自由な時間と空間が減るのと、金銭的にも自分の収入から自由になる額が減ると思うとメリットを感じない。
36歳 一人の方が経済面や時間の面で、自分の自由に使うことができるから。
37歳 経済面の問題、後は相手に合わせるのがめんどくさい。
42歳 時間的な余裕なし。興味がない。信用できない。

(婚活にまつわるデータより抜粋)

もちろん上記の理由だけではありませんが、基本的には結婚することにより生じる責任を負うのが面倒という男性が多いようです。

また、金銭的な問題を抱える男性が多いのも、不景気な現状を考えれば納得がいきます。

男性は、結婚することにより金銭的負担や責任を追う必要があると、マイナス要因に目がいきがちなので、結婚することによるメリットや将来のビジョンを共有できる関係を築くことが大切だと言えます。

もし、同棲した場合も結婚するまで、”してあげないこと”を作ったり、結婚した友人の良い出来事を話してあげたりして、結婚を徐々に意識させてあげましょう。

間違っても、相手の意志と関係なく自分本意で結婚を進めないように注意しましょう。

結婚の意志が無いのに、結婚を突きつけるとプレッシャーを感じ、引いてしまったり、逃げてしまう男性もたくさんいます。

それぞれのカップルにそれぞれのペースがありますので、少しずつ歩んでいきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の婚活情報はこちら▼

ページ上部へ戻る