未婚の方やすでにご結婚された方は、『結婚のタイミング』について悩んだことはあるでしょうか?

たしかに年齢的なものや経済力、環境などが整い、将来もいっしょにいたいと思える相手がいる方は、すぐに結婚に踏み切れるでしょう。

しかし、長年交際している相手がいても、”結婚のタイミングがよく分からずズルズル年齢だけ重ねていく”という方も多いと思います。

実は、どんなに理想の相手でも結婚のタイミングが合わないと別れることも多いと聞きます。



そこで、今回は【結婚のタイミング】ついて考えてみましょう。

結婚を考えるきっかけになれば幸いです。

 

理想の結婚のタイミングについて

➡結婚というのは、いつかはしたいと思ってもよっぽど結婚への憧れがないとなかなか踏み切れないものです。

また、『独身と違い色々面倒臭そう』『お金を自由に使えなくなりそう』『自分の時間が無くなりそう』『相手の家族、親族との付き合いが心配』というようなネガティブなイメージを持っている方もいるでしょう。

色々調べるうちに、いくつか良い結婚のタイミングだと思えるものがありましたのでご紹介したいと思います。

 

親友や周囲の友達が結婚した場合

➡実は、親友や周囲の友達が結婚したときは嫌でも『結婚』という現実について考えさせられます。

私/僕は、結婚なんて一生したくないし、独身貴族を謳歌したい!』と強い意志がある方は別として、普段から飲みに行ったり、旅行に行っていた親友が、結婚を機に『ごめん、毎日晩ご飯は作ってあげるって決めてるから行けない。』、『奥さんと結婚生活を満喫したいんだよ』と言われてしまえば、

結婚かぁ、考えたことなかったな』、『私もそろそろ落ち着こうかな』と何らかの影響を受けるはずです。

 

結婚適齢期を迎えている場合

➡結婚適齢期と言えば20歳~30歳ですが、このぐらいの年齢になると家族や親戚から『結婚はまだなのか?』『良い相手いないの?』『そろそろ孫の顔を拝みたい』と結婚や子供についての質問をされることが多くなるはずです。

また、自分の両親が結婚適齢期に結婚しているなら、その影響も少なからずあるはずですので、一つの結婚のタイミングと言えるでしょう。

 

経済的に自立できている場合

➡高校や大学を卒業したらほとんどの方は就職をします。

最初は社会のことに関しては右も左も分からないので、毎日が戦争。

給料も安く、自分一人が生活するのも大変だと思いますが、2、3年と働いていると仕事のこともある程度こなせるようになり、貯金もそこそこできているでしょうから、経済的に安定していると言えます。

自分一人が楽に暮らせるようになれば、『これだけ給料や貯金があれば、なんとか結婚できそう』、と人生の次のステップについても考えれるようになるでしょう。

経済的な安定は、結婚する上で必須ですので、良い結婚のタイミングと言えるでしょう。

 

子供ができた場合

➡結婚する前に、子供を授かった場合は、結婚を前向きに考えなくてはならないタイミングです。

昔は、結婚する前に子供ができた後に結婚することを『できちゃった結婚』と呼ばれ、”できちゃった結婚”は恥ずかしいことだという認識が一般的でしたが、現在は結婚する前に子供ができることを『授かり婚』といい、とても前向きな出来事として認識されるようになりました。

そういう背景もあり、子供を授かった場合は、ある意味自然な流れで結婚できる良いタイミング

結婚する前に子供を授かった場合は、自分達だけではなく、お互いの家族ともよく話合うことが大切です。

 

お互いの気持が高まっているとき

➡これが、一番結婚のタイミングとして自然ではないでしょうか?

ネット上では、多く見られた意見でした。

人それぞれのタイミングがあると言えば、それまでになってしまいますが、お互いの気持が高まっているときは、結婚に対する前向きな姿勢と、結婚するためにどうすれば良いかをお互いが真剣に考えますので、スムーズに結婚に向かいやすいと言えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の婚活情報はこちら▼

ページ上部へ戻る