今では大半が恋愛結婚になりましたが、一昔前はお見合い結婚が主流でした

 

そのため、婚活を必死にしなくても、待っていたら親や親戚が縁談の話を持ってきてくれました。

 

しかし、現在はお見合いで結婚した人は、少数派といえます。

 

お見合い結婚が少なくなってくるのと同時に、問題視されてきたのが”離婚率の上昇”です。

 

実は、恋愛結婚は見合い結婚に比べ離婚率が3倍~4倍と言われていま。

 

大恋愛の末、晴れて結婚。。。女性なら一度は憧れるはずです

 

お見合いで互いにまだよく知らない内から交際して結婚”というのは、今の時代の風潮には合っていないように思いますが、恋愛結婚では離婚率が高いという説もあり、”絶対に離婚したくない”と考えている方は視野を広げてみてはいかがでしょうか?

 

恋愛結婚の離婚率が高い理由としては、短期間で愛情を互いに注ぎ合い、相手の良い部分ばかりに目が行ってしまうことにあります。

 

結婚前は、相手の嫌な部分が見えない、または見えていても相手を愛する気持ちで乗り越えられると信じていますが、相手への気持ちが落ち着き、冷静になったときに乗り越えられなくなってしまいます。

 

自分と育ちが全く違い、正反対のタイプの相手だと自分とのギャップが魅力的に見えますが、長い結婚生活で徐々に考え方の違い価値観のズレにストレスを感じるようになってしまいます。

 

婚活では、どうしても”結婚できる相手を見つける”ということに執着してしまいがちですが、本当に大切なのは、”末永く寄り添っていける相手を見つける”ことではないでしょうか?

 

次回は、”なぜお見合い結婚は離婚率が低いか?”についてお話します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の婚活情報はこちら▼

ページ上部へ戻る