婚活で『年収は二の次』と考える女性はモテる?

以前、【婚活で失敗する女性の三大特徴とは?】で相手の年収を必要以上に気にする女性はモテないということをお伝えしました。

今回は、『年収は二の次』と考える女性はモテるのか?

についてお話します。

 

最近では、『幸せな結婚がしたいなら年収350万円の男を育てなさい』(牧野出版)という本も出版されるほどで、『高年収の相手と結婚できることが幸せとは限らない』という事実もあり、『年収は二の次』という風潮も生まれつつあります。

 

そりゃ、相手の年収は多ければ多いほうが良い、と考えるのが普通です。

 

しかし、本当にそうでしょうか?

 

①年収が高いと付き合う人も年収が高い傾向があり、付き合いで浪費している

②年収が高ければ結婚後でも他の女性がアプローチしてくる

③高級車やブランド品、趣味などへ多くの金を使うことが習慣になっている

④高収入であれば、『休みが少ない』『付き合いが多い』などプライベートが少ない

 

など高収入であるがための事情もあるかもしれません。

ただ、低収入だからといって上記のようなことが無いわけではありません。

 

では、『年収は二の次』と考える女性は、モテるのでしょうか?

 

年収を重視しない女性は、相手をステータスで見ないという特徴があります。

 

婚活している男性にとって、年収はデリケートな部分で経済的に自信がない場合でも、女性には高収入を求められていると思い込んでいる方も多いです。

 

なので、『収入は二の次』と考えている女性に対して、『きちんと性格、人間性、趣味などを総合的に見てもらえる』と感じます。

 

実は、それだけで女性の印象は上がります。

 

婚活イベントや婚活パーティーに参加すると、明らかに玉の輿を狙っている女性を何人も見かけますが、そういう女性はたいてい男性に相手にされていません。

結婚するということは、家族になりその後ずっといっしょに生活をしていくということです。生涯過ごす伴侶として、ステータスや収入を最優先する人を選ぶ人はなかなかいないでしょう。

 

ですので、婚活の場において『年収は二の次』と考える女性は男性からの印象が上がり、結果的にモテやすいということが言えるのではないでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の婚活情報はこちら▼

ページ上部へ戻る