同姓に嫌われる女性のタイプ・特徴とは?

前回は、『片想いの社内恋愛で成功する方法とは?【失敗しないために】』についてお話させていただきました。

世の中には意中の男性に好かれるために他の女性を蹴落としたり、同姓に嫌われる行動を平気でとる方がいますよね。

本人は全く気にしていなくても、周りからは冷たい目で見られていることも多々あり、自分の知らないところで悪口を言われていないか心配している方もいるでしょう。

そこで、今回は同姓に嫌われる女性のタイプ・特徴をご紹介したいと思いますので、同姓に嫌われる特徴を理解して、周りの友達や同姓に嫌われないように行動しましょう。




同姓に嫌われる女性のタイプ・特徴とは?

自己中な女性
➡同姓に嫌われる女性のタイプとして、最も多いのがこの”自己中”です。

自己中とは、字のごとく自分を物事の中心において考えるので、他人のことは二の次になってしまい、結果的に周囲からは冷たい目見られ、距離をとられてしまいます。

当の本人は、自分が”自己中”であることに気付いていないので、いつまで経っても変わりません。

特に、男性や好意を寄せている男性が関わってくると、さらに自己中な思考や行動はエスカレートしてしまい、周囲に迷惑をかけていることや冷ややかな目で見られていることに気付きません。

少しでも思い当たる人は、これからは相手の立場に立って物事を判断するように心がけましょう。

 

男の前だけ態度が変わる女性
➡これも同姓に嫌われる典型的なタイプです。

男性の前だけ態度が変わる女性は、同姓から『あの子は、男の前と女の前で態度が180度違う!』、『男もあの子の本性に気付いているはず!』と嫌われるのですが、なぜか男性にモテる場合も多く、それがさらに嫌われる要素になっているようです。

また、自分が好意を持っている異性に対して、甘えたような声を出したり、ボディタッチなどで気をひこうとしている女性も少なくありません。

 

すぐ友達の陰口を言う女性
➡普段は、仲が良さそうに見えてもいざその相手がいなくなると急に『私、あの子のこと嫌いなんだよね。うっとおしい。』なんて聞かされると、自分も知らないところで陰口を言われているのかと疑ってしまいます。

また、陰口を一方的に聞かされたとしても、周りから見ればいっしょに陰口を言っていると判断される場合も多いので、そういうことからも、すぐに友達の陰口を言う女性は嫌われる傾向にあります。

 

常に上から目線の女性
➡高飛車な女性も同姓から嫌われやすいので、気をつけなければなりません。

これは、自己中な女性に多いのですが言動がいつも上から目線の女性とは付き合うのが疲れてしまいます。

謙虚な女性からは距離を置かれるのですが、実は男性からも嫌われる傾向にあります。

というのも、上から目線の女性は男性からしても付き合い難いタイプなので、なかなか自分からアプローチしようと思う男性はいないでしょう。

また、上から目線の女性に多いのは自分の非を棚に上げて、上げ足をとってきたり他人を非難することが多いようです。

 

すぐ嘘をつく女性
➡これは、男性・女性どちらにも好かれることはありません。

『オオカミ少年』という言葉もあるように、一度・二度の嘘なら『嘘も方便』で通るかもしれませんが、嘘をつくのが習慣になっている女性は周囲からも信用されなくなります。

また、小さな嘘をついたばっかりに嘘を嘘で塗り固めるハメになってしまい、後戻りできなくなることも少なくありません。

普段から正直で生きることが大切です。

 

自意識過剰の女性
➡自意識過剰な女性は、何かと自分のことを高く評価する傾向があるためか、自慢話が多いです。

自分の自慢話ばかりだと嫌がられることは容易に想像できますよね。

また、自意識過剰な女性は同時に自己中である場合も多いので同姓からだけでなく男性からも嫌われてしまいます。

自意識過剰で自己中な女性には謙虚や謙遜といった美徳がなく、相手の気持ちを考えることがないので、相手を傷つけてしまうことも多く、大きなトラブルになる場合もあります。

 

男性との予定を優先する女性
➡男性のことになると、たとえ女友達との予定が入っていてもドタキャンする男性との予定を優先する女性は同姓から嫌われてしまいます。

男性との予定を優先する女性は、男性の前で態度が変わるタイプの人が多く、無意識に”男性>女性”となっていて、ドタキャンされたり男性との予定を優先されてしまった女友達からは愛想を尽かされてしまいます。

 

空気を読めない女性
➡空気を読めない女性は、団体行動のときに自分勝手な行動を取ったり、真剣な話をしているときにトンチンカンなことを言ったりと、周囲に迷惑をかけることが多く、『私は天然だから』と勘違いしている女性がたまにいます。

空気の読めない女性は、平気で地雷を踏んだり周囲に迷惑をかけるので付き合いたがらない女性が多いです。

もし、空気を読めないと言われたことがある女性は、周囲の状況をよく判断してから行動するように心がけることが必要です。

 

細いのに『太ったー』など平気で嫌味をいう女性
➡平気で人の短所を否定したり、自分の自虐をしている風に見せて回りくどく嫌味を言う女性は同姓からの反感をかっていることが多いです。

特に、太っていることを気にしている女性に対して、自分は痩せているのに『最近、食べ過ぎて太った~』と言ったり、男性にモテているのに『男の子に全然モテない』など明らかに嫌味ととられることを言う女性は嫌われやすいので、心当たりがある方は直しましょう。

 

秘密を守れない口の軽い女性
➡『絶対、他の人には言わないで!』と言ったのに、すぐに他の子に話していた。

ということがたまにありますよね。

秘密を守れないということは、嫌われるだけでなく人としての信頼を置けないと判断されてしまいます。

口止めされた秘密を人に話たい、という衝動を我慢する習慣を身に付けることで嫌われないようにしましょう。

同姓に嫌われる女性の特徴は?②

 

同姓に嫌われる女性は男性から好かれる?

同姓に嫌われる女性は、『どうせ男性にも嫌われるから自業自得』と思われることが多いですが、実は男性から好かれる場合も少なくありません。

男性は、女友達より自分を優先してくれたり、自分の前だけ態度が違うことを悪いこととみなさず、自分は特別扱いされていると感じることがあるからです。

また、もしその女性が自己中で嫌われていたとしても、『集団で仲間はずれにしようとしている』と変な正義感からその女性をかばう男性もいるぐらいで、女性からすれば『男はアホばっかり』と思われることも。

これは、女性と男性の性別や価値観の違いから生まれる差なのかもしれませんね。

同姓に嫌われる女性は男性に好かれる?

 

同姓に嫌われないための大切なポイントは?

最後に同姓に嫌われないための大切なポイントについてみていきましょう。

⑩の嫌われるパターンをご覧いただきましたが、どれも”相手の気持ちを考えていない”発言や行動だというのがお分かりいただけたはずです。

つまり、常に相手の立場に立って行動する人が同姓から好かれる人なのです。

もちろん、彼氏や夫、男友達との付き合いも大切ですが、人は一人では生きていけません。

これからぶつかる壁や悩み事を解決するには、友達の力が必要不可欠なのです。

なので、『今まで友達にひどいことをしていたな。』と思い当たる方は、これから少しずつ友達からの信頼を取り戻していきましょう。

同姓に好かれるためのポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

カテゴリー

最新の婚活情報はこちら▼

ページ上部へ戻る