【成功率を上げる】告白の方法、場所、タイミングは?

好きな人が出来たら、頭の中はその人で一杯。。。

時間が経つにつれ気持ちがどんどん大きくなっていく。

この気持ちを相手に伝えたい! でも、フラれるのが怖くて、なかなか言い出せない。

このように、憧れの人に密かに片想いを寄せている人はたくさんいます。

『一度、フラれてしまえば今の関係は終わってしまうかも。』

『好きな気持ちを知られさえしなければそばにいれる。』

今の状況より少しでも悪くなるなら、告白しない方が良いと考えている方は非常に多いと思います。

しかし、せっかく好きになった相手に気持ちを伝えないまま引き下がるなんて悔しいですよね。

余談ですが、私は、玉砕してでも自分の気持を伝えるタイプでした。

どうせ、告白するなら1%でも可能性が高い方が良いですよね。

実は、告白の方法とタイミングによって、告白の成功率に大きな差が出てくると言われています。

そこで、今回は片想いをしている方のために”成功率を上げる告白の方法とタイミング”についてお話させていただきます。




♡成功率を上げる告白の方法とタイミング♡

告白の時間帯は必ず、夜~深夜にする

➡まず、告白する時間帯ですが、夜~深夜に告白をすることで昼間に告白するよりも30%成功率が上がるという報告があるそうです。

その理由ですが、きちんとした科学的根拠があります。

人間には、自律神経として『交感神経』と『副交感神経』が拮抗し合っています。

交感神経』は、簡単にいうと興奮状態を司っているのですが、『副交感神経』は安静状態を司っており、リラックスしている状態に働きます。

人間、昼間は学校や仕事があったり、休みの日でも出かけたりしている内は『交感神経』が優位に働いていますが、夜~深夜にかけては『副交感神経』が優位に働き、精神状態がある程度落ち着きます。

そのタイミングで告白することにより、相手にしっかりと自分の気持ちを伝えれるだけでなく、相手はそれを受け止め、冷静にあなたのことを考えることができます。

忙しく興奮状態の昼間に告白するよりも、断然成功率が高いと言えます。

 

 

ロマンチックな場所を選ぶ

➡これも告白の成功率を上げる上で必須と考えてください。

先ほどの『夜~夜中』と『ロマンチック』という2点を押さえることで、相手からのあなたの印象はガラリと変わるはずです。

ロマンチックな場所というのは、夜景の見えるレストランやお祭り・花火大会の帰り道、ナイトクルーズの船内、夜のテーマパーク、静かな車内などをはじめたくさんあります。

自宅は雰囲気がありませんし、雑多な飲食店、デパートなどの人で賑わう場所では、周囲が気になってあなたの大切な告白の邪魔になる可能性があるためおススメできません。

告白は夜

 

一通りイベントが終わってから告白する

その日に楽しみにしていたデートやイベントを好きな人と2人で行けるとなると気分も舞い上がります。

イベントの最中やイベント前に告白して、”恋人となってイベントを楽しみたい”という気持ちはもちろん分かりますが、告白で仮に気まずい雰囲気になってしまった場合は、そのあとのイベントが台無しになるという危険性がありますので、両想いのサインがはっきり確認できていない場合は、イベントが一通り終わった後の方がベターです。

また、食事も同じで楽しく食事を終えてから告白するようにしましょう。

相手に一度気まずいと思われてしまうと、その後のあなたと過ごした時間が嫌な思い出として残る可能性もありますので、今後に希望を繋ぐ意味でも後味が悪くない告白にしましょう。

イベントが終わってから告白する

 

リラックスし過ぎていないとき

➡夜~夜中に告白する方が、『副交感神経』が優位になっていて落ち着いているので告白の成功率が上がるということでした。

実は、興味深い話で2人きりのときにゆったり落ち着く音楽を聴くより、テンポの速い音楽を聴く方がお互いの心拍数は上がり、良い緊張が保てるそうです。

緊張状態を相手が持つことで、その緊張を『自分も胸がドキドキしているといいことは、好きなのかも。』という感覚を引き出す効果もあります。

つまり、相手をリラックスさせて落ち着かせることも大切ですが、適度な緊張状態を保つことも告白を成功させる重要な要因ということです。

また、人の緊張は空気を通して伝わるものです。

お互いが適度に緊張し合うことで、ムードある雰囲気を作ることができます。

 

 

最低でもデートを3回してから告白する

➡実は、KOIーGAKU(恋学)さんが1000人を対象に実施された調査で、『告白される(する)なら何回目のデートが理想的?』において、20代の男女の中で、3回目のデートで告白されたい(したい)と回答した方が約50%という結果になったそうです。

20代の男性は、20代女性よりも行動が早く、また早い結果を求める傾向があり、1回目、2回目のデートでも告白されたい(したい)と回答した人が36もいました。

20代女性は、1回目、2回目のデートで告白されたい(したい)と回答した方が、男性の3分の1程度の約13%に留まりました。

女性は、男性を見極めるために時間をかけているように思います。

30代になると、男性は20代男性よりも1回目のデートでの告白を望む割合が約10%増加しています。

これは、デートに行く時点で好意を寄せている、また学生の頃のようにゆっくり時間をかけたくないという表れではないでしょうか。

30代女性は、20代女性と同様3回目のデートで告白を希望している方が圧倒的に多く、約60%という結果になりました。

緊張感があるときに告白する

 

告白する際は、出来るだけ会ってする。電話やメールはNG

➡告白をする際に、『恥ずかしいから』、『気まずいから』と言ってお互いの顔が見えない電話やメールでするのは良くありません。

本当に自分の気持ち、相手の気持ちを理解し合うには会って告白する以上の方法はありません。

実際に会って告白することで、電話やメールで見えないお互いのの表情や雰囲気を感じ取ることができ、よりお互いの気持ちを理解することができます。

また、自分がもし告白されるとしたら会って直接告白されたいはずです。

告白する際は、相手の目をしっかり見て自分の気持を素直に伝えましょう。

誠実さや真剣さをしっかり伝えることができれば、相手も素直な自分の気持ちを伝えてくれるはずです。

もし、告白に自信が無ければ普段から細かい両想いのサインを逃さないように観察しましょう。

実際に会って告白する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の婚活情報はこちら▼

ページ上部へ戻る