『男性は公務員限定』鳥取市企画の婚活イベント、批判殺到で中止。

鳥取市は5日、3月中旬に企画している男性の参加条件を『公務員限定』にした婚活イベントを中止すると発表しました。

 

5日にイベントがメディアで報道された際、鳥取市に「税金を使って公務員限定の婚活イベントをするのはいかがなものか」、「職業を限定するのは公平性に欠ける」など同様の批判の電話が15件以上あり、5日夜に開催中止を決めたそうです。

 

同市企画調整課の担当者は「今後は行政の補助があるイベントは、職種の取り扱いなどについて慎重に考えたい」と話しているとか。

 

人口減少に伴い、各市町村は出生率を上げるため、様々な婚活イベントを企画・実施しています。

 

取市も、人口減少対策として積極的に実施している【婚活サポート事業】で安定した職業の男性を求める女性の要望を受けて企画したそうですが、『婚活サポートセンター』は市が昨年11月、市内のイベント会社などと共同で開設し、今年度は運営費の90%以上に当たる500万円を市が交付。

 

参加条件ですが、登録は無料で、参加費を払えばイベントに参加でき、イベント会社の婚活コーディネーターが相談にも応じます。

 

これまで約450人の方が登録し、登録者限定や一般公募で計6回の婚活イベントを開催。

 

その甲斐あって、128人(男67、女61)が参加し21.8%に当たる14組のカップルが誕生したそうです。

 

ただ、今回のような”男性を公務員に限る”参加条件にしたイベントは初めてで、一般公募にして当初男女各20人を募集したが、女性は最多となる79人が応募し、定員を各30人に増やしたうえで抽選したようです。

 

結婚相手の職業で、『公務員』を求める女性が多いのは有名です。

 

総合婚活サービスのIBJはこのほど、会計・税務・経理財務分野に特化したプロフェッショナルエージェンシー「ジャスネットコミュニケーションズ」と共同で、運営するPARTY☆PARTYで婚活中の20代~40代の未婚女性100名を対象に出会いに関する調査をしたところ、『公務員』は2位という結果になったそうです。

職業 グラフ


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の婚活情報はこちら▼

ページ上部へ戻る