皆さん、『生涯未婚率という言葉を聞いたことがありますか?

は、この『生涯未婚率』を見てみると、少子化問題や未婚の人の多さが浮き彫りになります。

 

生涯未婚率とは▼

生涯未婚率というのは、「45~49歳」と「50~54歳」の未婚率の平均値から、「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したものです。

生涯を通して未婚である人の割合を示すものではありませんが、50歳で未婚の人は、将来的にも結婚する予定がないと考えることもできることから、生涯独身でいる人がどのくらいいるかを示す統計指標として使われています。

 

実は、国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集(2013年)」によると、2010年の生涯未婚率は男性が20.14%、女性は10.61%でした。

特に、男性は2005年と2010年の調査を比べると、約4ポイントも上昇していることからあ問題視されています。

また今後は、晩婚化(結婚の遅れ)や非婚化(生涯結婚しない人)の増加により、この数値がさらに高くなることが予想されています。

 

表で見る『性別生涯未婚率』

年次
1965年 1.50% 2.53%
1970年 1.70% 3.34%
1975年 2.12% 4.32%
1980年 2.60% 4.45%
1985年 3.89% 4.32%
1990年 5.57% 4.33%
1995年 8.99% 5.10%
2000年 12.57% 5.82%
2005年 15.96% 7.25%
2010年 20.14% 10.61%

<国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集(2013)」>

 

 

上記の表を見ていただくといかに、未婚の人が多いのかが分かります。

少子高齢化は今後さらに深刻化するでしょうから、日本が抱える大きな問題の一つとして取り上げられています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー

最新の婚活情報はこちら▼

ページ上部へ戻る